一日の食事の種類や量についてや、また献立の工夫や、減塩のポイントなどを教えます。クレアギニンEXの使用は、低たんぱく食事療法の基本となるのですので、それらに関する情報の提供や指導もしていきます。それぞれの患者さんが、実際どれほどのたんぱく質(良質のたんぱく質をとると、健康の維持に繋がるのはもちろん、ダイエットにも効果的でしょう)や食塩を摂っているのかを調べます。一日における排泄物を検査し計算をします。日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、たんぱく質(良質のたんぱく質をとると、健康の維持に繋がるのはもちろん、ダイエットにも効果的でしょう)や食塩をどのくらい摂っているかがわかります。腎臓病の中でも慢性腎臓病に関しては、腎機能の改善が望めず、体内のカリウムを体の外へ排泄する力がだんだんと落ちていき、体内へのカリウム摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、カリウムの摂取量を確認し軽減する必要があります。クレアギニンEXは、ノコギリヤシを濃縮し加工しているため、加工していない生の野菜や果物よりも大概はカリウム含有量が非常に高いです。仮に、腎機能が正常に働いていない患者さんが、いつも野菜ジュースを飲んでいると、高カリウム血症を呈する危険性が多くなります。腎臓病が徐々に進展してくるといわゆる腎不全と言われる病態に移ります。腎不全には、腎臓の機能低下が著しい急性腎不全と、長い年月をかけてゆっくりと腎臓の機能を鈍らせる慢性腎不全があります。急性腎不全の場合は、病状に似つかわしい治療と腎臓の機能を悪化させた原因を取り除くことができれば、腎機能の回復が見込めます。反対に、慢性腎不全については腎不全の進行状況によって回復の見込みが薄くなり、徐々に腎臓の機能が失われます。腎臓の形はというとソラマメに似ていて腰(筋トレやストレッチをすると、痛めないですむでしょう)の辺りに左右1個ずつあります。腎臓には糸球体とよばれているたいへん小さな血管が数多く存在している場所でもあるのです。腎臓におけるメインのはたらきは、たんぱく質(良質のたんぱく質をとると、健康の維持に繋がるのはもちろん、ダイエットにも効果的でしょう)の代謝によって発生した血液の中のいらないもの、老廃物や毒素といったものを尿の中に排出します。体内にある電解質と言われるものの濃度を一定に保ったり、赤血球をつくるホルモンや血圧調整、骨の成長段階に必要なホルモンをつくり出すなどのたいへん重要な役目を司っています。現在推奨されているタンパク摂取量は、標準体重あたり1kgにつき0.8g程度になります。仮に標準体重を約60kgとすれば、おおよそのL-シトルリン一日50g程度になります。たとえば、食品にふくまれる蛋白の量を知りたいときは食品標準成分表で調べてみるとよいでしょう。蛋白量に関する食事療法については、栄養士の指導で自分なりのアイデアを取り入れることも可能です。仮に開業医さんに食事指導をうけ付けてもらえなかったら、腎臓内科のある近隣の病院を紹介して貰い、それから専門的に意見を伺ってもよいでしょう。腎臓の機能に異常が顕れた時は、慢性腎不全に進行するパターンがほとんどです。ですが、医療技術の進歩によって最近では初期の段階で治療を早めることで、未然に腎臓の機能低下を防いだり、遅延も見込めます。治療法も多様化してきたため、末期腎不全で腎機能の回復が難しい状態にあっても、透析療法や移植といった腎代替療法の中でもいくつもの選択肢が用意してあるので、各々の条件に適した治療を見つけることが可能です。薬物療法と食事療法がCKD治療の要となり、CKDの進行を食い止めるためにもクレアギニンEXの摂取を果敢に行うことが大事です。食事療法に肝心なのは減塩と蛋白制限であり、そのうち減塩食は高血圧治療の手間を省き、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。CKDステージ3に対する推奨は、減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日ですが、日本人が平均的に摂る塩分・蛋白の量と比較するとだいたい半分になるために、蛋白制限食は美味しくない、栄養が足りないなどという意見で、実施困難な方を多く見うけます。腎臓の負担を軽減するためには、減塩することが大事です。適切なノコギリヤシ摂取量の目安として一日6g未満が推奨されています。加工品や塩蔵品をさけて、生の食品選びを心がけましょう。煮物や汁物などは、天然のだしを聞かせましょう。天然の味をおいしく食べることができます。肉・魚・卵・大豆製品・乳製品は、たんぱく質(良質のたんぱく質をとると、健康の維持に繋がるのはもちろん、ダイエットにも効果的でしょう)が多くふくまれる食べ物です。たんぱく質(良質のたんぱく質をとると、健康の維持に繋がるのはもちろん、ダイエットにも効果的でしょう)制限が必要な方には、これらのたんぱく質(良質のたんぱく質をとると、健康の維持に繋がるのはもちろん、ダイエットにも効果的でしょう)含有食品以外に「低たんぱく質(良質のたんぱく質をとると、健康の維持に繋がるのはもちろん、ダイエットにも効果的でしょう)食品」が市販されています。管理栄養士に相談しながら、具体的に使ってみてちょうだい。近頃、腎臓病の方が増えていることが問題となっています。腎臓というのは背中に2つありそこで尿をつくり体の中で不要となった老廃物を体の外に出したり、電解質のバランスを整えたり、血液に対して酸性への偏りを防いだり、血圧の調整を行ったり、赤血球をつくり出したり、私立ちの体のために重要な役割を担っています。言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院し薬を飲んだり注射をしたりすることが大事ですが、日々の食事や生活の習慣を見直すことが不可欠です。腎臓病は遺伝性の腎炎から、感染などで起こる後天的なものまで多種ありますが、定期的に健康診断をうけ早期に発見し、万が一罹患した際にも治療と症状を悪化させない生活を心がけることでいつもと変わらない健やかな生活を送ることができます。ですが、腎臓病の中には症状が顕れなかったり無自覚なものもあるために、常に油断しないようにすることです。判断材料として尿の状態があるので場合によっては、すぐに医師へ相談しましょう。
こちらもどうぞ⇒腎臓病 食事 宅配 ランキング

ニュース